頬が垂れることを防止|加齢による眼瞼下垂はクリニックで治療することができる

加齢による眼瞼下垂はクリニックで治療することができる

レディ

頬が垂れることを防止

レディ

コラーゲンの減少

肌は、コラーゲンによって柔軟性を保っているのですが、コラーゲンは年をとるにつれて減少していきます。すると肌は柔軟性を失ってペラペラとした状態となる上に、脂肪の重みで垂れていきます。この現象が頬で起こるとほうれい線が生じるので、ほうれい線対策としてはコラーゲンの減少を防ぐことが肝心と言えます。コラーゲンは、食生活の乱れや睡眠不足、喫煙などによって減少しやすくなるので、これらを見直すことは有効なほうれい線対策となります。ただし改善には時間がかかりますし、その間にもコラーゲンはどんどん減少していきます。そのため改善の効果が出るまでは、美容外科でコラーゲンを増やす治療を受けることが大事です。具体的には、コラーゲン注射で直接肌に注入したり、高周波治療でコラーゲンの生成量を増やしたりするのです。

頬のリフトアップ

日常生活での対策でコラーゲンの減少を防ぎつつ、美容外科での治療でコラーゲンを増やせば、ほうれい線は生じにくくなります。また既にほうれい線が生じている場合でも、それほど深くなければ、徐々に浅くなっていきます。ところが深いほうれい線の場合は、コラーゲンを増やしてもなかなか浅くすることはできません。このような場合の治療も、美容外科ではおこなわれています。具体的には、垂れた頬の肌を、こめかみの方へと寄せてから部分的にカットして、そこに縫い付けるのです。すると頬が全体的にリフトアップされるため、深いほうれい線でも消えることになります。そして治療後にもコラーゲンの減少を防ぐ対策を続けていれば、ほうれい線のない状態を維持することができます。